画像関連オークション出品のポイント

ヤフオク!メルカリ出品写真のポイント

ヤフオク!は1枚5MBまでの大きさで10枚掲載が可能

ヤフオク!は、規定を変更して大き目の写真を10枚掲載できるようになりました。メルカリも10枚掲載できるようになったようです。
ヤフオクオークショントップ画面では、矢印で画像をスライドできメイン画面の下には、サムネイル画像が10枚まで(掲載枚数)表示されます。
これまでよく見られた、4枚の画像を合成して1枚に収めるような必要性がなくなったといえるでしょう。(注、10枚より多くの画像や、大きな画像を掲載するには、htmlでリンクさせるなど手間が要ります。)

オークションサイトの代表格、ヤフオク!では、出品画像をアップしようとすると5MBまでという警告がでて掲載できない場合があります。
これは、掲載しようとしている、保存画像サイズが1枚5MB以上あるということです。なおメルカリは有無を言わず自動変換されます。かなり圧縮率が高いようで画質は低めです。
(注意、開いた時のサイズではなく保存しているファイルサイズが問題です。)
1,000万画素を越えるカメラではすぐ保存画像が5MB以上になります。

今のデジカメは、ほぼ1000万画素以上です。画像のファイルサイズを確認するには、画像の上で右クリックしてプロパティを見てください。例では5.56MBですから掲載は不可ということになります。(Macは、画像を選択して画面左上のファイルメニューの中、「情報を見る」で確認できます) 
撮影する時、カメラの設定を変えられれば記録画素数2M[1600×1200]とか3Mにすればまず出品は可能です。(用途に応じ記録画素数は切り替えてください)画質を落としても(圧縮率を上げる)ファイルサイズは下がりますがこれは避けましょう。画像が荒くなります。

高さ、または幅が1200ピクセルを超える画像は、縮小して掲載される

ヤフオク!は高さ、または幅が1,200ピクセル、メルカリは640ピクセルの正方形が最大サイズです。

上記の1枚5MB以下の画像サイズ以外に重要な問題がもう一つあります。
ヤフオク!の出品画像の大きさは1200ピクセル×1200ピクセルまでです。このサイズ以上のピクセル数を持つ画像は自動的にリサイズされてしまいます。(注ファイルサイズが1200KBではありません、また1200万画素ではありませんので注意してください。) なお自動リサイズは機械的に行われるため、画像の見え方が汚くなることが多々あります。

(メルカリアプリは全て自動です)

なるべくキレイな写真で掲載したいときは画像縮小を自分でしましょう。

縮小処理すれば、撮影時の画素数は1000万画素以上でも問題なく出品できる!

デジカメやスマホの設定が分らない、面倒という方は縮小専用というフリーソフト(無料)を使えば確実に1200px、1枚5Mbの問題は解決します。WindowsでもMacでも動きます。

縮小専用AIRをダウンロードしてインストールします。Adbe AIRというソフトも一緒にインストールされます。詳しくはこちらが公式サイトですソフトのインストールがいやな方は、クラウドのソフトを使うしかありません。

ヤフオク用の設定のポイントは、赤い線を引いているところです。1200×1200に指定します。(メルカリは上の640pxのボタン選択) これで掲載最大サイズで縮小してくれます。使いたい画像ファイルを、右下のところにマウスで持って行くとサイズ変更して、自動的にResizedと言うフォルダを作って保存してくれます。(設定例の場合)同じフォルダ内に元の名前プラスS-で保存することも可能です。 「JPEG量子化率」が圧縮率のことです。作者のおすすめに従い90%以上にしましょう。 この1200ピクセル指定ならファイルサイズは確実に5MB以下になります。JPEG量子化率の下にある、ファイルサイズを指定する必要はありません。 なお数十枚まとめて一度に処理可能というのがこのソフトの最大の利点です。

上記の縮小専用は、高画質デジタル一眼レフのデータ、(体験的には2000万画素ぐらい?)でフリーズすることがあります。パソコンの性能なども関連していると思われます。この場合、縮小革命というソフトをお試しください。こちらも無料で使えます。

スマートフォンで画像圧縮できるアプリ

Iphoneスマホの場合アプリ「画像圧縮」というアプリがあります。

AndroidスマホはImage Shrink Liteというアプリがあります。(有料版もありますが無料版でサイズ変更可能です。)

どちらも多機能ですが、簡単に圧縮できます。