撮影する時のライト(電球)について

お勧めは蛍光灯電球と言えなくなりました。

当サイトでは長らく電球型蛍光灯を使うことをお勧めしてまいりました。

昨年(2019年)ぐらいから撮影用電球の状況が変わってきました。まず中国製スパイラル蛍光灯電球が少なくなってきました。国産の3波長型昼白色の蛍光電球も製造中止のようです。つまり蛍光灯電球の選択の幅がせまくなりました。

また補助光として、学習スタンドのツイン27Wタイプなどを紹介してました。

2020年春時点で、この学習スタンドもほとんどLEDスタンドに置き換わっています。

電球もLEDの時代に

ねじ込むタイプの電球は今後蛍光灯タイプは販売されないと考えます。全てLEDに置き換わるでしょう。

現在お勧めできるのは下記のパナソニックの物です。これも何時まで販売されるか分かりません。
より演色性の良いプレミアXシリーズが発売されています。ただし60W相当品しかなく少し明るさが足らないように感じます。

パナソニック LED電球 口金直径26mm プレミア 電球100形相当 昼白色相当(12.5W) 一般電球 全方向タイプ 1個入り 密閉器具対応 LDA13NGZ100ESW

プロ・セミプロ用はこれ

039ブランドの電球は、使っているプロカメラマンもいます。その他ではLUFASの電球が価格バランスが取れているように感じます。