スマホで出品写真1

スマホがメインで出品する方へ

おどろくほど進化を遂げたスマホ内臓カメラ

つい数年前まで、スマホ内蔵カメラで商品写真などあまりお勧めできない状況でした。ところが最近のスマホカメラの進化はすさまじく、1,200px程度の写真であれば、十分撮影可能になってきました。写真用アプリケーションも様々な改良、工夫がほどこされ大変使いやすくなっています。


まず画素数は、スマホ内蔵カメラは、2017年現在800万~1200万画素が主流です。別のところで述べたように、ヤフオク!などでは十分な(大きすぎる)画素数です。 

広角で撮影した画像
デジタルズーム2.1倍

注意!スマホのカメラは広角のみ

一般的なスマホ内蔵カメラの最大の特徴は、画角が35mm換算24mm~30mm程度の広角です。単焦点レンズというものです。コンパクトデジカメ等は光学ズームに対し、スマホのズームはデジタルズームという方式です。デジタルズームは画質が劣化するので厳禁というカメラマン・解説書が主流です。

スマホ内蔵カメラの進化やカメラ内画像処理の進化に伴い、2倍以下のズームであれば十分出品写真として使えると思います。(管理人の意見です)

またダブルレンズ・トリプルレンズ搭載スマホが発売されており望遠対応機種であればかなり高画質で撮影できます。

広角撮影時のゆがみとは、写真のように近づいて撮影すると広角のため遠近感が強調され物の形がひずんで見えます。(アングル-カメラを構える位置にもよる)

少しだけデジタルズームを使うことにより、照明ライトの前にスマホを構え、スマホと手の影による被写体が暗くなる失敗を防ぐことができるのと、広角撮影時のゆがみが減ります。 写真は 2.1倍のズームでなるべく歪みの少ないアングルで撮影したものです。(正方形トリミング)

どうしてもデジタルズームに抵抗感がある場合、ズームを使わないで広角のまま撮影し(大き目の撮影サイズで)後でトリミングする方法があります。写真はデジタルズーム使用時と画質を比較したものです。差はそれほど大きくないと思います。なおズーム無しの方が手前から奥まで全体にピントが合います。(広角撮影のため当然)