ビデオライトを照明に使う4

ビデオライトのディフューザーを自作する

VL81ビデオライト用のディフューザーを作ってみました。発光面が約75mmの物が200mm角になり、かなり光が柔らかくなります。

用意するもの

  • 黒色の厚紙(ダイソーにありました。薄い段ボールでも可)
  • 貼れる布、銀(これもダイソーで調達、レンジフードでも可)
  • マジックテープ黒
  • 布テープ
  • レジ袋
  • カッター・定規・厚手プリント用紙・カッターマット
型紙

最初に、右クリックで画像をダウンロードして、厚手プリント用紙(写真用紙など)にプリントします。これが切り抜き用の型紙になります。正方形なので4面とも同じ=4つとも同じです。

型紙に従い、黒色の厚紙から4枚の同じ物を切り出します。交互にすると無駄になりません。

点線のところを曲げる
 

4枚切り出したら接続部のところを(赤い点線)曲げます。次に反射する素材を貼っていきます。写真のような素材であれば何でもかまいません。ただアルミホイルは薄くて弱いので、他が入手出来ない時だけ使う方が良いでしょう。

写真は、貼れる布を使いました。紙やなどの反射素材を貼る時の接着材は、あまり水分の多くないものを使う方がきれいにできます。(紙なので水分で凸凹になる)注意、折り曲げた部分にはなにもつけません。

4枚のパーツを黒い布テープでつなぎます。テープ(布テープ黒)の幅が広すぎるので半分にして使いました。

全部つなぐと正方形のボックス反射部分が出来ます。

反射素材を付けなかったところにマジックテープを約1cm幅に切って付けます。
反対側はビデオライト本体に付けます。

ボックス部とライトの8個所に付ければOKです。

ボックスの下側、ライトの三脚取り付け部の方は少し切り込みを入れておきます

次にレジ袋を広げてひと回り大きくカットします。ここでも8個所マジックテープを約1cm幅で付けていきます。

完成したディフューザーを取り付けた写真です。小型三脚に付けていますが少し高さが足らないと思います。
もう少し高さのある三脚かスタンドで使う方が良いでしょう。