オークション出品画像の処理

画像処理は必要?

後から画像を加工するのは、面倒と思われる方も多いと思います。写真の色や明るさの問題は、 撮影のときカメラのセットを、きっちりやって上手く撮ればればそのまま出品も可能です。
しかしデジカメの高性能化により画像サイズが大きくなっています。このサイズ変更や、縦位置の変更など、どうせやらなくてはいけない処理もあります。
パソコン標準添付のソフトで可能な処理もあり、大体の加工は無償(フリーウエア)のソフトでできますので、画像の後処理も必要とお考えください。
Yahooの場合のように、3つの出品写真を処理するのに5分もかからないでしょう。ひと手間かけて入札金額大幅アップを目指しましょう。

無料ソフトで十分

無料の画像処理ソフトは種類が多く、最近はネット上(ブラウザ)でパソコンの中の画像を加工できるサービスもあります。Pixlr (Editor)といって利用は無料です。ソフトのインストールが不要でどんなOSやブラウザからでも利用可能というのが強みです。ダウンロードして使えるソフトはGoogle PicasaGimpなどが有名です。

購入するならAdobe Photoshop Elements

お金にゆとりのある方や、オークションストアの方はソフトを購入したほうがよいでしょう。
画像処理の機能が多く、他の用途にも使えます。解説本や解説サイトもたくさんあります。有名なのはPhotshopです。ただ購入した場合価格が高いので、普通の方には
Adobe Photoshop Elements 12 Windows/Macintosh版 をお勧めします。
ネットショップの撮影担当者などセミプロのかたには、画像加工だけでなく、大量の画像を整理するのに向いた便利な機能をもったソフトも販売されています。お勧めはこちら
Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版

☆必須の処理は3つの項目できたらプラス3項目

必須1 画像サイズ変更

Yahoo画像サイズYahooオークションの場合、掲載画像の大きさは600ピクセル×600ピクセルが最大の大きさです。
これ以上の大きさの画像は自動縮小されます。なお自動縮小画像はあまりきれいではありません。
注意することは、普通に出品できるのは、画像ファイル1枚が3MB以下のデーターまでです。(ピクセルサイズと画像サイズは異なります。
Windows はファイルを右クリックしてプロパティで確認できます。
高画質デジカメをお持ちの方は、一枚の画像データーが3MBくらいにはすぐなりますのでサイズ変更が必要です。ファイルサイズやピクセルサイズの関係がよくわからない方ははこちらをご覧ください。

必須2 画像の明るさ調整

露出補正して撮影しても、パソコンのモニターで見ると明るすぎたり、暗かったりします。これを微調整するわけです。基本的には少し暗いと思われる画像を明るくします。明るすぎる画像を暗くしないほうが良い結果になります。

必須2 トリミング

画面の不要な部分を切り取ります。出品物は、なるべく大きく載せたほうが迫力も増し、伝えられる情報の量も増加します。もっとも、何がなんだか分からないほどアップ&切り取りしてはいけません。

やったほうがよい処理

コントラスト調整 

蛍光灯+デフューザーで撮るとコントラストが低い(黒が締まっていない)写真になることがあります。少しコントラストを上げると見栄えの良い写真になります。

カラーバランス(色合い)

出品物の色や全体のカラーバランスを整えます。R(赤)G(緑)B(青)のプラスマイナスは、けっこうむずかしいので微調整にとどめましょう。商品と画像の色の違いに関しては別に説明しています。
画像と出品物の色が違う

シャープ調整

撮影時のカメラの設定にもよりますが、すこしシャープをかけたほうが見やすい画像になります。トリミングや、画像サイズ変更を済ましてから調整してください。

  Home 次へ  
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Page Top