画像と出品物の色が違う!


手間をかけて撮影し、画像をパソコンのモニターで見たら「何だか変、色が違う!」という経験をされた方は多いと思います。あわてて画像処理ソフトで色調調整をしようという人さえいます。悪いことではないのですが、あまり神経質になる必要はありません。

理由は大きく2つです。
パソコンのモニターの見え方は、ほとんどバラバラである。
デジカメの発色は機種により(厳密にはカメラ単体)違いがある。

モニターの色?

あなたは今お使いのモニターの色を気にかけたことがおありでしょうか?

モニターには色の見え方を決める、色温度という基準があります。
ブラウン管モニターが主流であった数年前まで、多くのメーカーはモニターの色温度を9300度ケルビン(K°)で出荷していました。かなり青い画面になっていますので調整された方も多いでしょう。
しかし購入後そのままでお使いになっている人も確実に多数存在します。慣れてしまうと不思議に大きな違和感は感じないようです。

最近のように液晶モニターがほとんどになり、状況はさらに複雑になりました。出荷時の色設定、明るさ設定は各社、製品ごとに違います。(多くは6500度ケルビン)
また液晶モニターの性質上、ハード的に細かい色調整ができない機種があります。ソフト的に調整はできますが、かなりむずかしいのが現実です。
さらに視野角といって、見る角度により色が変わるという性質があります。金額は高めですが、調整可能な高級モニターも販売されています。

管理人は、某有名メーカーの液晶モニターを使い、デュアル表示(2台のモニターを1台のように表示させる)設定を何度かしたことがあります。同一製品、同時購入のモニターにもかかわらず、色の見え方が違いました。
モニタープロファイルを作成できるソフトとハードを使い、さらに目視で微調整してやっとあまり気にならない程度になりました。

つまり不特定多数の方が、参加されているオークションの出品物の見え方は、千差万別になっています。神経質に色調整をソフトで行っても、あまり意味がありません。一定レベルの出品写真であれば問題ないと思います。

通常の使用なら、6500Kで調整

モニターの調整は、いろんな用途にお使いのパソコンの場合、6500Kで調整すればいいでしょう。取り説を一度ご覧ください。(WEB閲覧などには6500Kが一般的。またプロカメラマンや印刷関係の業界では、5500Kで調整することが多い)

なにかの事情で正確にモニターを合わせたい方は、ディスプレイキャリブレーションツールといわれる、調整機器をお使いください。
プロカメラマンが使っている機材は X-Rite i1Display Pro(アイワンディスプレイ・プロ) というツールです。詳細はこちら X-Rite 社のサイト

X-Rite社の製品を楽天で探す

明るさコントラストも重要な要素

パソコンのモニターは、明るさを調整できます。コントラストの調整もできる液晶モニターも増えてきました。
ごらんになっているモニターで、白から黒まできれいに諧調が見えているかどうかが問題になります。下の諧調は白黒を19段階に分けたものです。一番右の白が見えないとして18の諧調が見えており、薄いグレーに色が付いていなければ一応合格です。 白黒諧調

上記のような状況があるとは言え、出品物により、色が非常に重大な要素の物があります。この場合の対策は、下記の方法が有効です。

ホワイトバランスを必ず取る。(カスタムとかマニュアル)
背景紙には白、グレー、黒以外を使わない。(撮影場所周辺も無彩色に)
決まったライトで撮影すると同時に、他の光が入り込まないようにする。
自然光で撮るときは、薄曇りの状態で撮る。(他の条件では撮影しない)

どうしても気になる方は、カラーマネージメントを勉強して、それぞれの機器ごとにプロファイルを作成し適用すれば、ほぼ合わせることは可能です。


追記、WindowsとMacintoshでは明るさが違ってた

厳密に言うと、WindowsとMacintoshとでは、元々モニターの明るさの基準が違いました。モニターガンマ値という名前をどこかで聞かれたことがあると思います。このガンマ値がWinの場合2.2、Macの場合1.8というようになっていました。最近はMacも2.2になったようです。ただし古いマックも多数、現役です。

詳しく説明すると煩雑ですので覚えていただきたいのは、 同じ画像データーであれば、古いMacの場合、Windows機より明るく表示されるということです。つまりどちらかで丁度いい明るさでも明るすぎたり、暗すぎたりします。

大まかにはWindowsユーザーが9割でしょうから、Windowsでは、ちょうどよいと思う明るさ〜わずかに暗い画像にし、古いMacで出品される方は少し明るめの画像にすべきでしょう。

Windows7の登場で少し変化

Windows7には、標準でモニターの色調整ソフトが入っています。コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→ディスプレイ→色調整で起動します。
ディスプレイキャリブレーションツールを使うほどではないが、ある程度合わせたい方に便利と思います。

  Home  
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Page Top