ストロボ機材

プロカメラマンはなぜストロボを使うのでしょうか?

光の性質が良い、光をコントロールしやすい、大光量が得やすいなどの特徴があります。
忘れてならない点は、閃光時間が短いという性質です。つまりストロボを使うとブレが、ほとんど発生しません。
蛍光灯ライトでは、光量が多いタイプで三脚を使用していても、人物撮影でモデルさんが少し大きな動きをすると、被写体ブレが生じます。ストロボでは意図的にストロボを使わない限り、被写体ブレはおきません。カメラも必要があれば手持ちで撮影できます。このため、動感のあるファッション系の撮影では、ストロボが必需品です。

業務用ストロボのお勧めはモノブロック

まずカメラマンが持っているのは、業務用ストロボです。 国産メーカーでは 、コメット、プロペット、サンスターストロボ、フォトナーなどのメーカーがあります。海外製も複数のメーカー製が輸入販売さてれいます。

この業務用ストロボにも、スタジオ用、ハンデイタイプ、モノブロックタイプと種類があります。

スタジオ用

電源部がオーディオアンプのような形をしており、ヘッドという発光ライト部をケーブルで繋いで使います。スタジオにきっちりセットして使う機材です。この電源部と発光部だけですぐ100万円をこえます。他の設備を入れると200万円程度が最低限の設備投資になります。大規模ネット通販などで、大量の商品を大量に撮らない限り必要ではないと思われます。

ハンディタイプ(ジエネレータータイプ)
電源部

ハンディタイプとなっているよう移動可能な機材です。電源部と呼ばれる発光エネルギーを貯める部分と、ヘッドという発光ライト部をケーブルでつないで使います。小型化されてきましたが、そこそこの重量と大きさがあります。アクセサリーにもよりますが、2灯セットが、女性で持ち歩きできる限界でしょう。

業務用ストロボの場合、使える光の量を「Ws」ワットセコンド、通称で何ワットという単位で表します。このハンディタイプでは、光量1200Wsの物が一般的で30万円〜40万円ほどです。ただし電源部だけですから、別に発光ヘッドが必要で一灯10万円程度になります。

つまり2灯のセットで50万〜60万円になります。このハンディタイプもプロカメラマンで無い限り、あまり現実的な選択とは言えないと思います。

モノブロックタイプ(電源、発光部一体型)

一番のお勧めはモノブロックタイプというストロボです。ひとかたまりになったというように、電源部と発光部が一体になっています。先の光の量は200Ws〜300Wsの製品が主流です。各メーカーとも各種の製品を出しています。

このタイプのストロボが2〜3台あれば、上記のハンディタイプなど不要と言うカメラマンも多数います。

金額は6万円〜15万円程度です。少し機能や光量を落としたローコストタイプは1万円位(注意、中国製がほとんど)からあります。

ただしこのストロボも本体だけではきれいな写真が撮れません。光をコントロールするアクセサリーが必要です。代表的なのはアンブレラ(傘状の道具)とソフトボックス(蛍光灯ライトセット参照)です。

お勧めの、組み合わせを表にしてみました。金額は定価ではなく、実際に販売されている金額の概算です。背景紙は壁に何らかの方法で止めることにし、背景用機材はリストには入れていません。この他、あった方がいい機材として、フラッシュメーター(フラッシュ光を測定する)、撮影台、グラデーションペーパーなどがあります。ネットで探せば安いものがあります。

小物から人物の半身までのお勧めセット
品目
数量
金額
備考
ストロボ本体200Ws程度
1
70000
コメットなどの製品で想定
ストロボ本体150Ws程度
1
30000
プロ機材comの製品で想定
ソフトボックス
1
20000
簡易タイプ、写真電気工業など
アンブレラ
1
10,000
各社に製品有
ライトスタンド
2
20000
単価10000円程度、各社製品有
ミニブーム
1
15,000
ライトを横に伸ばす道具、LPL等
背景紙
1
5000
1.75×2.7m スーペリア・メンテ等
その他アクセサリー
1
5000
大型のレフ板など、自作?
合計  
175,000
 

全身を撮るなら、光量の多いストロボを選び、150Wストロボとスタンド類をもう一セット、ソフトボックスを大きくするなどの追加が生じます。簡単な背景装置を含めて25〜30万円ほどかけると、そこそこ立派なシステムが組めます。
もっと詳しくはこちら

スポンサードリンク
スポンサードリンク
Page Top