セミプロ、ネットショップ向けライティング機材

ここでは、学習用ライトスタンドでは、物足りない、または限界を感じている方のために、比較的低価格な照明機材を紹介いたします。購入の参考にしてください。被写体は机の上にのるサイズだけでなく、衣料品や人物の全身写真まで考えています。

撮影用の蛍光灯ライトが大流行

オークションの大量出品者はもとより、ネットショップ、ブログ用の小物撮影で、もてはやされているのが蛍光灯ライトです。
学習用ライトスタンドを何台も購入したり、室内用蛍光灯灯具をたくさん買って苦労するよりこれらの機材を設備投資として割り切って購入したほうが良い結果になります。

注、蛍光灯ライトも大光量タイプでないかぎり三脚が必需品です。

何を買ったらよいかわからないと言う方が多いと思います。具体的な商品名を挙げながら説明させていただきます。

写真電気工業、蛍光灯リファ

まずはSD(写真電気工業) の蛍光灯リファという機材です。この会社は蛍光灯ライトの先駆者です。管理人も何度も使ったことがあります。基本的にソフトボックスの前面サイズプラスアルファが撮影に適した被写体のサイズと思っていただいてかまいません。

写真電気工業一番小型の物は、ソフトボックスの前面サイズが40cm×40cmで、電球型蛍光灯ランプ一個のタイプです。価格は本体のみで17,280円SD販売価格
(税込)です。ライトスタンドなどは別売り 。

欠点としては、使用ランプ(推奨21W)が一個のため明るさに限界があります。またソフトボックスの前面サイズが40cm×40cmと少し小ぶりです。持ち運び、収納を考えるといたしかたないところでしょう。 被写体が小ぶり物の撮影にはお勧めです。

個人的にお勧めは、ソフトボックスの前面サイズが50cm×50cmでランプが3個つけられるセットです。(ライトが1個だけ付くタイプもあります)
かなり明るい機材です。デジカメだけでなくビデオ撮影にも使えます。さらに、ちょっと特殊な使い方をすると50cm×50cm以上の大きさの物でも撮影できます。重量、サイズなど、徒歩での持ち運びも許容範囲です。ただし本体だけで62,316円と高いのが欠点です。撮影する物により、40cm×40cmタイプを2つ買った方が、いい場合があります。

衣料品などの写真がメインの場合、大型の蛍光灯照明機材もありますが、やはりストロボをお勧めします。

 

LPLの蛍光灯ライト

【送料無料】LPLL19012/ホームスタジオバンクセット HB-45S [L19012ホームスタジオバンクセッ]【動画有り】

価格:14,796円
(2014/8/29 14:47時点)

元々ビデオ用ライトなどで定評がある写真用品メーカーです。数年前から蛍光灯ライトに参入し比較的低価格、大光量で売れているようです。
ヨドバシカメラなど写真関連の量販店では展示品を置いてもあり現物を見て購入することも出来ます。一番お勧めはホームスタジオバンクセットHB-45S という商品です。発光面 45×45cmの本体に32Wランプ、ライトスタンドのセットです。15,000円前後の価格です。

LPLにはこれ以外にも、各種の蛍光灯ライト を販売しています。

プロ機材ドットコムとライトグラフィカの蛍光灯ライト

沖縄を拠点にして、比較的安い撮影機材を販売しているのがプロ機材.com という会社です。低価格ストロボや周辺機材を扱っています。最近は蛍光灯ライトにも力をいれています。

パラソライトプラス50 PRP-50

価格:20,520円
(2014/8/29 14:18時点)
感想(0件)

小物撮影ライトのお勧めは、パラソライト というライトです。50cm×50cmの発光面があり、写真のように撮影ボックスとしても使える優れものです。
つまりノートパソコン程度の大きさの物の撮影から、プロでも苦手な宝石などの光物の撮影が簡単に出来ます。ライトスタンドを購入すれば人物なども撮れます。

もう少し大きな物を撮る場合、下の商品のように2灯での2灯セットがお勧めになります。

下のセットは ライトグラフィカという会社のものです。
写真電気工業のものと比較すると価格が安い、蛍光灯が4灯使えて明るい、2灯セットなので光の当て方が自由というメリットがあります。この2灯セットと三脚などのアクセサリーがあれば、ほとんどの商品撮影ができると思います。ネットショップの方や、セミプロの方はこの手のライトセットがお勧めです。




そのほかの蛍光灯ライト

各社から、蛍光灯ライトが出てきました。これらの大半は、国産ではなく中国製がほとんどです。管理人も1台購入してみましたが少し耐久性に問題があると思われます。しかしながら8,000円以下のセット品も存在し価格的には魅力です。組み立てたまま置いておくスペースがある方にはおすすめです。下手に蛍光灯学習スタンドを買うよりきれいな写真が撮れます。なお撮影にあたり、移動、組み立てを頻繁に行われる方にはおすすめしません。

ネットショップの撮影担当者向けの情報はこちら

ネットショップ撮影機材 スポンサードリンク
スポンサードリンク
Page Top