Macで4枚合成(MacOSX10.5以降

OS標準のプレビューで画像を4枚合成

Mac4枚合成

プレビューは、MacOSX10.5以降から合成も可能になりました。この機能を使い4枚合成の手順を説明します。左のような写真を合成します。
Yahooオークションに合わせ、600px×450pxのサイズで作っています。他のサイズでも加工可能です。

まず最初にベースというか下地になる画像を用意します。今回は、Macのスクリーンショット機能を使いました。(面倒な方は下にスクロールするとデータがあります。)
コマンドマークコマンドキーとShiftキーと3のキーを同時に押します。デスクトップにスクリーンショットのpngファイルが出ます。そのファイルをwクリックするとプレビューで開くはずです。

Mac4枚合成1 この画像を、ベースに使います。大きさを目的のサイズに変更します。ツールからサイズを調整をクリックします。 縦横比を固定のチェックをはずしてから600px×450pxを入力しOKします。これでベースができました。

解像度の変更

次に合成したい画像をWクリックして開きます。4分の1のサイズ(300px×225px)に変更します。このときは、縦横比を固定に必ずチェックを入れておいてください。画像が縮小できたら、編集からすべてを選択し、さらにコピーします。

解像度変更2

ベースの方の画像をクリックし、編集からペーストします。これで1枚目が張り付きました。注意していただきたいのは、張り付けた画像の中をドラックして位置を移動してください。ベースの画像をクリックすると4隅の丸いマークが消え固定してしまいます。

合成1

2枚目〜4枚目も同じように選択しコピー、貼り付けします。前の画像の位置を固定(4隅の小さなマルが消える)してから貼り付けてください。そのままペーストすると前の画像がなくなります。

2枚目

この4隅の小さなマルをドラッグすると画像の大きさが変えられます。ただし縦横の比率は変わってしまいますので注意してください。

4枚の合成ができたらファイル別名で保存を選びます。フォーマットをjpgにして品質は高めで保存します。これで完成です。

少しややこしいようですが、一度作ってみるとお分かりいただけると思います。縮専Airなどのソフトであらかじめ4枚ともサイズ変更しておいたほうが効率的でしょう。

おまけ

最初のベース(台紙)作成が面倒という方のためにデータを用意しました。クリックすると大きな画像が開きます。ドラッグコピーしてお使いください。

Aは600×600pxの大きさで4枚とも300×300pxのサイズです。
Bは600×450pxで1枚の大きさは300×225pxです。
Cは600×450pxで3枚の合成時に使います。
Dは600×600pxで3枚の合成時に使います。

4枚台紙A 4枚台紙B
3枚台紙C 3枚台紙D
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Page Top